• ホーム
  •  > 

お米の保存方法

お米の保存場所

お米の保存に適した温度は10〜15℃です。
湿度が低く、直射日光の当たらない場所が最適です。
適温適所で保存することにより、酸化を遅らせることができて長く美味しいお米を味わう事ができます。

ご家庭での保存には冷蔵庫の野菜室がおすすめです。
ただし冷蔵庫内の冷気の噴出し口の側には置かないで下さい。

お米は18℃以上で湿度が高くなると、虫が発生しやすくなります。
また、春〜秋にかけて湿度が高くなるとカビが発生しやすくなります。
台所の流しなど湿気の多い場所で保管したり、密封されていない場所での保管は避けてください。

保存容器

お米は臭いを吸いやすいので、密封容器での保存をおすすめします。
強い香りのする物と一緒に保存すると、臭いが移る場合があるので、一緒に置かないようにして下さい。

密封されていない米びつなどに入れると、容器に付着した古い米ぬかなどが原因で虫が発生します。
また、お米は空気に触れることで乾燥して酸化が進んでしまうので、真空容器がない場合は、蓋つきのプラスティック容器やペットボトル(清潔できちんと乾かしたもの)などの密閉容器に入れ、空気を遮断することが大切です。

購入した時のお米の袋には無数の小さい穴があいているので、臭いを吸収したり湿気を吸いやすくなるので保存には適していません。

美味しく食べ続けるために

お米の注ぎ足しはしない

お米は古い物を全部使い切ってから新しい物を入れるようにして下さい。
古いお米が残っていると、劣化の原因や虫が発生する原因になります。

お米も野菜と同じように鮮度が大切です。
農家で籾や玄米の状態で低温貯蔵すれば長期間にわたって鮮度を保てますが、精米された状態で時間が経つと酸化が進み、味は落ちてしまいます。

古くなり乾燥したお米を置いておくと、表面にヒビが入ってしまい、更に乾燥するとお米が割れてしまいます。このような状態のお米を炊飯すると、ごはんがベタついて美味しさが損なわれます。

お米の保存期間

精米した米を常温で長く保存しておくと、1ヶ月位からデンプンを分解するアミラーゼという酵素の働きが衰えはじめ、でんぷんやタンパク質の分解が十分に行われないので、精米したての甘みが出なくなります。また、組織が硬くなるので炊き上がりが硬めに感じてしまいます。

・冬場なら2カ月以内
・春秋なら1カ月
・真夏なら2週間以内に食べきれるくらい


を目安量に購入されることがおすすめです。

保存容器は清潔に

保存容器の内側に、白い粉のようなものがついていたら、すぐに掃除が必要です。
白い粉は、ヌカやお米が乾燥(酸化)して「粉」になったものです。
まだお米が残っている時は、上から新しい米を足したりせず、お米を使い切ってから、毎回内部をこまめに掃除してから新しいお米を入れて下さい。

おすすめ商品

売れ筋商品