• ホーム
  •  > 

鹿児島県カルスコさん

本場であるドイツ伝統のレシピで本格的な製造法で作っています

「プロジェクトフードさんの活動に大いに賛同いたします。少しでもお力になれれば幸いです。」
そんな想いでご協力いただいている、鹿児島県カルスコの肥後さん。ギフトとしても大人気の低添加のハムやベーコン、ウィンナーを届けてくれています。

いつもご購入いただいている皆様に生産者さんがどんな人なのかを知ってもらいたい!
そんな想いで肥後さんにインタビューをしましたのでご紹介です!

Q:製造をはじめたきっかけは?

A:私の父親が元々肉屋をしていました。私が幼い頃アトピーなどで苦しんでる時があり、添加物による影響があると知った父は肉屋から食肉加工品への道に移りました。添加物を勉強しているうちにドイツへと渡り今のカルスコの原点であるドイツ製法にたどり着きました。私のために立ち上げた会社で、私にしてくれた父の道を私自身が繋げていきたいと思い今のカルスコ株式会社で製造を始めました。

Q:製造をやってて良かったと感じるのはどんな時ですか?

A:良くも悪くも食に関する知識が付き世の中に溢れている食品の良い物、悪い物の判別が出来る様になった事と、最近催事をする機会が初めてありお客様の食べた反応を直に見れる事です。食べてもらって美味しいと言って頂ける事がもっと美味しい物を作っていこうという気持ちにさせてくれます。

鹿児島県カルスコさん

Q:苦労される点は?

A:小さな工場なためお客様への認知度が低く、商品単価が少し高いためファミリー層の反応が鈍い点と、売りである低添加の良さが伝わりにくい事に苦労しています。

Q:プロジェクトフードは新たに「知る」「選ぶ」「アクション」をテーマとしました。生産者として、私たち消費者に伝えたいことはありますか?

A:食品を食べる事が自分の体をつくる事です。日本での添加物に対する規制はヨーロッパなどに比べまだまだ認知度が低くいのが現状です。少しずつではありますが情報を発信する事で添加物に対する知識をつけて消費者の皆様が安全で安心して美味しく食事をして頂ける様に私どもも日々より良い商品造りを続けていきたいと思います。

カルスコさんの製品は低添加、5大アレルゲン(落花生・小麦・卵・そば・乳)を使用しない、健康的でお子様がいるお客様でも安心してお召し上がり頂ける製品です。

カルスコ ハム・ベーコン・ウィンナーはこちら

おすすめ商品